地域に誇れる地酒を造る
純米吟醸蔵への挑戦酒造株式会社 長生社

大正9年創業の長生社「信濃鶴」の歩み

100年もの歴史を誇る駒ヶ根の地酒「信濃鶴」。長生社は、地元の米と水にこだわり「信濃鶴」を造り続ける酒蔵です。1883(明治16)年、初代北原久次郎氏が灘で修業の後「田澤酒店」を創業し「天竜正宗」という銘柄の酒を造り、その後、1920(大正9)年には、周辺のいくつかの蔵が集まって酒造株式会社長生社を設立しました。このとき久次郎氏が東広島の賀茂鶴酒造の指導を受け、その5号蔵を参考に仕込蔵を建設したことから、「賀茂鶴」の鶴の一文字をいただき「信濃鶴」が誕生。以来「信濃鶴」は、駒ヶ根の地酒として多くの人に愛されてきました。
しかし日本酒の消費量は1973(昭和48)年ごろをピークに、右肩下がりの一途をたどります。「苦しい状況下で、日本酒の原点に帰ろうと思いました。地元の人たちに米と水だけで造る本来の酒を飲んでもらいたい。その思いから純米酒に生き残りをかけました」と語るのは、蔵元兼杜氏の北原岳志さんです。父である四代目蔵元の久爾(ひさじ)さんに反対されながらも少しずつ純米酒に移行する準備をはじめ、2001(平成13)年には、全国で5番目、信州で初めて純米酒だけを造る純米蔵としてスタートを切りました。
発売当初は、「味が変わった」「お燗には向いていない」など、さまざまな意見があり、一時期は売り上げが減少するものの、地元で応援してくれる人たちや、新しいファンに支えられ、そのおいしさは全国にも知られるようになりました。

製造工程の写真 北原蔵元夫妻の写真
サーマルタンクの前に立つ北原蔵元夫妻。蔵元を支え続けてきた奥様は埼玉県出身。
息の合った掛け合いも微笑ましい

駒ヶ根の地酒であるためへのこだわり

純米酒の原料は水と米だけです。「信濃鶴」の仕込み水はそれまでも敷地内から湧き出る中央アルプスの伏流水を使用してきました。また、その水に合う米はやはり地元産であるとし、純米蔵に移行する数年前にはすでに飯島町産の酒造好適米「美山錦」にすべて変更されていました。駒ヶ根市の隣にある飯島町は長野県でも有数の酒米の産地。コストを度外視した「美山錦」全量の使用には、蔵元の味へのこだわりだけでなく、地産地消を行い地域活性化につなげたいという地元への強い思いがあったといいます。
また、純米「信濃鶴」への転換によって、製造方法も大きく変わりました。そもそも純米酒は、醪(もろみ)の発酵だけで味が決まるもので、おいしさを均一にするためにはこれまでとは違った手間暇がかかります。そこで、このクラスの酒蔵としては大規模となる投資を行い、醸造用タンクの全てを温度管理が可能なサーマルタンクに変更し、吟醸造りにならった長期低温発酵に踏み切ったのです。
「一般的な純米酒は、酸味があり、重くてどんとしているのが特長ですが、純米『信濃鶴』には毎日飽きずに飲める、本醸造酒や吟醸酒に伍する切れのよさ、すっきりさを求めました」と蔵元。さまざまな試行錯誤の末にたどりついた純米「信濃鶴」は精米歩合も60%で吟醸酒のいい香りがあり、税務署の定める規格からいうと全部純米吟醸に分類される高品質なものでしたが、「普段の酒として飲んでもらいたい」という思いから、純米酒と表示し、それまでと価格は変えずに販売。
それはこのスペックの純米酒としてはありえないほどの低価格でした。

蔵元の写真

駒ヶ根の純米吟醸地酒「信濃鶴」の誕生

「信濃鶴」誕生100年を迎えた2020(令和2)年、純米蔵から純米吟醸蔵への更なるステップアップに挑戦することになります。これまでの純米、特別純米、大吟醸のラインアップを一新し、3種類の純米吟醸酒が誕生しました。そしてラベルには「信濃鶴」の文字のほか、商品の区別をするため「田皐(でんこう)」「頑卓(がんたく)」「名田造(なたぞう)」と先代たちを表す名を冠しています。
「純米吟醸酒はちょっと高級で、地元よりも東京での方が売れるイメージがありますが、高品質なものを地元のために造り、手ごろな値段で提供して、町づくりの一助になりたいという大きな野望があるんです」と蔵元。最近は東京だけで販売し、地元で買うことができない地酒もありますが、それでは本末転倒だといいます。地元の人に飲んでもらってこその地酒、そして地元の人が誇れる地酒を造っていくのだと。「だから、うちの酒は純米吟醸酒ではなく、純米吟醸地酒でやっていきます」と言い切るのは、長い間本物の日本酒を追い求め、日常酒の価値を高め、地酒の在り方を考え抜いて出した答えの裏付けがあるからです。
純米蔵にする際に反対していた先代は晩年「うちの蔵は、おもしろいことをしているのね」と純米「信濃鶴」を紹介していたといいます。長い歴史の中で、純米酒へと見事な変化を遂げた駒ヶ根の地酒「信濃鶴」は、純米吟醸地酒として新たな一歩を踏み出したばかりです。

日本酒の写真
  • 「信濃鶴 純米吟醸60田皐」

     

    味に丸みがあり、いろいろな料理に合わせやすいおだやかなタイプ
    創業者北原久次郎の俳号。「田皐」とは「田澤」の意。長生社を設立する前は、田澤酒店で「天竜正宗」を造りながら、地域文化にもさまざまに貢献しました

  • 「信濃鶴 純米吟醸55頑卓」

    フレッシュな口当たりと、切れのあるシャープな旨味が特長
    頑卓は、創業者久次郎の長男で、長生社の2代目蔵元である北原卓爾のあだ名。あまりに頑固な気質なため「頑卓」と呼ばれていました

  • 「信濃鶴 純米大吟醸49名田造」

    しっかりとした甘みと、ふわりと華やかな香りが広がります
    名田造は、創業者久次郎の三男の名前。駒ヶ根市の市長をつとめた地元の名士。久次郎が灘で修業をしたことにちなみ読み字を当てはめて命名されました

蔵の写真
仕込み蔵が造られたのは1920(大正9)年のこと。当時は千石蔵(一升瓶で10万本相当)が5つ入る面積を確保し、日本中に出荷するもくろみから引き込み線が入れられる線路のそばに建てられました
  • 長生社「信濃鶴」PV

  • SAKE SHINANOTSURU in Nagano,Japan

信濃鶴のロゴ
社名 酒造株式会社 長生社
TEL 0265-83-4136
工場見学は受け付けておりませんので、
ご了承ください。
商品のご購入は、オンラインショップや
酒販店でお願いいたします。
アクセス 長野県駒ヶ根市赤須東10-31
GoogleMapsで見る
URL http://www1.ttcn.ne.jp/~kamasuya/sinanoturu.htm  

その他の酒蔵