1996(平成8)年、中央アルプスのふもと標高800mの宮田村で誕生したのが「南信州ビール」です。ゴールデンエールをはじめ、アンバーエール、デュンケルヴァイツェンなどの定番のほかに、インディアペールエールや駒ヶ岳エールなど、季節のビールが味わえます。今日はそんな「南信州ビール」の醸造所にお邪魔させていただきました。

ミネラルたっぷりの雪解け水が仕込み水

シルクのような泡をたっぷりのせた黄金色に輝く「ゴールデンエール」がテーブルに運ばれてきます。「んん、おいしい…!」 フルーティーで華やかな甘い香りがふわりと鼻に届いたかと思うと、口の中から胸の奥へとさわやかなテイストが広がります。中央アルプスの雪解け水を仕込み水に厳選したホップと麦芽を使用したビールは、ひと口含むだけでぜいたくな気分へといざなってくれます。

2杯目に頼んだのは「デュンケルヴァイツェン」。スタンダードなレシピをアレンジした黒ビールです。バナナのような香りとスッキリとした飲み口ながらコクが楽しめる1杯。小麦麦芽を使用しています。

3杯目は「Imperial Red Ale-岩井WCF」を。南信州ビールの醸造所があるのはマルス信州蒸溜所の敷地内。そんな関係で「岩井トラディション ワインカスクフィニッシュ」というウイスキーを熟成させた樽で、発酵・熟成させたビールなのです。ウイスキーとワインが混在する香ばしいカラメルのようなほんのり甘いフレーバーでホップのほろ苦さが感じられます。

アップルホップやヤマソーホップも味わって

2008(平成20)年に誕生したのが「アップルホップ」。これは、台風の影響で落ちてしまった地元農家のリンゴを使用したのが始まりだそうです。リンゴの品種ごとに仕込んでいるので、シナノスイートや紅玉、王林、シナノゴールド、ジョナゴールドなどそれぞれ異なる味わいを楽しむことができます。瓶にはどのリンゴが原料になっているかシールが貼られています。リンゴの香りと味わいをどうやって全面に出したかは企業秘密だそう。

「ヤマソーホップ」は、地元、宮田村で採れるヤマソービニオンというぶどうの果汁を原料に使用したフルーツビール。赤ぶどうの鮮やかな紫色をしたキレイなビールで、赤ワインのような豊かな香りと重みのあるフレーバー、程よい酸味を楽しめます。

南信州ビールは、リンゴやヤマソービニオンはもちろん、現在駒ヶ根や宮田で育てた二条大麦を使うなど、地元の人たちと協力して作るビールを目指しています。


直営レストラン味わい工房で料理とのマッチングを楽しむ

南信州ビールを制覇、堪能したいなら、駒ヶ根高原にある直営レストラン「味わい工房」へ。「ただ今の季節限定ビール」と題して、四季折々に飲めるその時期だけのビールや、ここでしか飲めないビールにも出会えます。

食事メニューも南信州ビールと合うものばかり。特にとろとろ根羽和牛鞍下(くらした)肉のビール煮込みや信州味噌ピッツァ、鹿のソーセージなどが入るソーセージの盛り合わせなど相性抜群のメニューがならびます。どれもクセになるおいしさです。


 

南信州ビール直営レストラン
駒ヶ根市赤穂759-447
0265-81-7722
 
南信州ビール
宮田村4752-31
0265-85-5777